納豆でお肌ケア 納豆食べて張りのあるお肌を手に入れよう!

美肌のための食材というと、『コラーゲン』が思い浮かびます。
コラーゲン鍋やコラーゲンサプリメントと様々なコラーゲン製品が出回っており、私もいろいろなコラーゲン製品を試しましたが、あまり効果が出ませんでした。

そこで、栄養士として働いている友人に相談したところ、「コラーゲンより納豆食べた方が美肌になるよ」
と言われ、1日2回朝食と夕食に納豆を食べ続けたところ、たしかにお肌に張りが出てきました!

栄養士の友人から説明してもらった、納豆がお肌の張りに効果がある理由

・そもそも『肌』は何から出来ているのか?
人間の肌は、たんぱく質から作られています。 特に土台となる真皮という部分は、約70%がコラーゲンで出来ています。

お肌の土台であるコラーゲンがしっかりしていると、お肌に張りが出るようです。

そしてコラーゲンはたんぱく質が原料です。

・納豆は良質のたんぱく質
納豆は大豆から作られています。 大豆は良質な植物性たんぱく質として有名で、ソイプロテインなどたんぱく質を補給するサプリメントとしても使われています。

また、納豆は発酵食品であるので消化吸収がよく、食物繊維や大豆イソフラボンも豊富に含まれています。

コラーゲンの原料である”たんぱく質”を効率よく吸収できて、美容に効果のある食物繊維や大豆イソフラボンまで摂れるから、お肌に効果がある。

というのが理由でした。

・なぜコラーゲンでは効果が出なかったのか?

コラーゲンを摂っても、そのまま人間のコラーゲンになることはありません。
一度体内でアミノ酸に分解されて、それから人間のコラーゲンに構築されます。

巷で出回っているコラーゲン食品は、大半が豚コラーゲンで動物性たんぱく質の食品です。

日本人は大昔から農耕民族で肉を食べ始めたのはまだ200年ほど。 
なので、動物性たんぱく質より植物性たんぱく質の方が日本人の身体に合っている、ということで、コラーゲンより納豆のほうが効果が出たようです。
当然、個人差はあると思います。

納豆は安くて食べやすいですし、ぜひお試しください!

コメントを残す